2015年02月28日

「がん制度ドック」が朝日新聞で紹介されました

こんにちは。社労士の近藤です。

「がん制度ドック」
みなさんはご存じでしょうか。

公的な社会保険制度と、民間の保険を同時に検索し、
がん患者さんやご家族が使える制度を調べることができます!
保険は経済的な不安を解決する大切なツールです。

でも、知らないと、申請しないと利用することができません。
これを私たちは「申請主義」と呼んでいます。
申請主義を解決し、制度を必要としている人にその情報を届たい、
これを実現するために、NPO法人がんと暮らしを考える会では
代表の賢見さんを中心に、社労士、FP、税理士、弁護士など
各専門職が連携してサイトの作成を進めてきました。

2015.2.24 朝日新聞
がん患者の方へ お金の「制度」診断します


記事の内容については↓のリンクでお読みいただけます。
http://apital.asahi.com/article/story/2015021700008.html

2013年6月17日にがん制度ドックベータ版を公開しました。
その後、たくさんの医療者の方、患者さん、ご家族にご利用いただき、
貴重なご意見をいただきました。
そのおかげもあって、2015年1月15日、正式版を公開することができました。

ぜひご利用ください。↓クリックいただくとサイトに飛びます。
2015021700008_2.jpg




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2015年02月01日

シンポジウム「あなたが守る従業員の健康と生きがい〜企業でできるがん対策〜」

こんにちは。社労士の近藤です。

【イベントのご案内】です。
東京都では、昨年、がん患者の治療と仕事の両立への
優良な取組を行う企業を募集していました。

その表彰式とシンポジウムが3月20日に開催されます。


ちなみに、近藤が審査員として参加していまして、
現在二次審査の書類をせっせとチェックしております。

素晴らしい取組みをしている企業がたくさんあることを知り、
とても感動しています。

年度末ということでご多用のことと思いますが、
お時間のある方はぜひご参加ください。
キャンサーソリューションズ代表桜井なおみさんの講演もあります。
(ゲストは元プロレスラーの小橋建太さん)

【イベント詳細】東京都HPより
あなたが守る従業員の健康と生きがい〜企業でできるがん対策〜

がんの早期発見及びがん患者の治療と仕事の両立支援に関する正しい
理解のためのシンポジウムを開催します!

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2015/01/22p1q200.htm

イベントHP
http://sympo.adthree.net/cancer/


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2015年01月18日

がん患者さんの就労支援から他の疾患へ広げていこう

昨日は、三井記念病院でがん患者さんの就労相談会がありました。
3人の枠があり、昨日は枠いっぱい3人の方のご相談を受けてきました。

2014-09-13 13.49.17.jpg

三井記念病院で就労相談が始まって1年7か月。
1年を過ぎた頃から、役割分担ができてきて院内スタッフとの連携が
よりスムーズになってきたように思います。

三井記念病院はがん専門病院や拠点病院ではありません(東京都認定がん診療病院です)。
病院独自で行っている就労支援という位置づけです。
本当に先駆的な取組みで、ソーシャルワーカーさんや専門看護師の
方々の思いの強さを感じます。

がん患者さんの就労支援ということで始まった相談会では
ありますが、がん患者さんだけでなく、他の慢性疾患や難病の方も
ときどき相談会にいらっしゃいます。

難病や精神疾患のなど、治療においてがんとの違いはありますが、
仕事への思いや働きづらさはにはたくさんの共通項もあると感じています。

これから医療機関や社労士による就労支援を、
がんに限らず他の疾患にも広げていきたいと思っています。
そのきっかけを三井記念病院さんに与えていただきました。

昨日の打合せで、院内スタッフの方も同じように考えていることが
わかって、とても嬉しかったです。
今後、すべての疾病への就労支援を行っていくことを
打ち出していくことになりました!

働きたいと望む人々がよりよく働ける社会へ!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2015年01月15日

がん患者の就労支援のための企業内研修用教材を作成中

こんにちは。社労士の近藤です。

現在、がん患者の就労支援のための企業内研修用教材等作成
ワーキンググループの委員を務めています。
ちなみに東京都福祉保健局さんのお仕事です。

昨日、ワーキンググループがありました。
2015-01-15 09.58.45.jpg

メンバーは、大企業の人事の方、産業医の先生、
乳腺外科の医師、教育研修専門家、がん経験者の方と
社労士である自分です。

がん患者さんの就労支援に携わっている社労士として、
中小企業の労務管理に携わっている社労士として、
就労を続けた経験を持つがん経験者として、
この事業に参加できたことをとても嬉しく思っています。
実際に企業の方々に使っていただける教材にして、
治療と仕事の両立のできる職場づくりに役立てていきたい
という使命感もあります。

この教材は、「企業の人事担当者のための」というひとつの目的があります。
しかし、人事担当者がいない小さな会社にもがん患者さんはいます。
そのような会社には、社労士が関与していることが多いと思いますので、
この教材を社労士に利用してもらい、顧問先企業の相談業務に活かして
いただければと思っています。

年度内には公開される予定ですので、このブログでお知らせします。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2015年01月12日

平成27年度予算案固まる がん患者の就労支援の予算は?

こんにちは。社労士の近藤です。

今日は、来月に講師を務める東京都の医療従事者向け研修の
パワーポイントを作成しています。

正直なところ「パワポの神」が舞い降りて来てくれず苦戦中(T_T)

そこで、スライド資料の材料探しをしながら見つけた資料について
ブログを書いてみたいと思います。

昨日のニュースで、予算が固まったことはご存じのとおりです。

27年度予算案、総額96兆3千億円台で固まる 過去最大更新 社会保障費31兆円台半ば
http://www.sankei.com/economy/news/150112/ecn1501120008-n1.html

がん対策の予算を調べてみました。
特に気になるのは、「がん患者・経験者の仕事と治療の両立」に関する予算です。

厚生労働省のHPで確認できます。↓の画像をクリックするとページに飛びます。
20150112.png

健康局をクリックすると健康局の概算要求のPDFを見ることができます。
4ページ目からががん対策です。

昨年度に引き続き、
「がん患者の就労に関する総合支援事業」に予算計上されています。

20150112-2.png

「がん患者の就労に関する総合支援事業」とは、
がん診療連携拠点病院に社会保険労務士など就労支援の専門家
配置して、がん患者さんの就労に関する問題を汲み上げつつ、
情報提供や相談支援を行っていくことです。

26年度に少しづつ広がってきたこの事業ですが、
27年度はさらに広げていくことが大切だと思います。

そして、患者さんのために、そして社会のために機能させていくためには、
質の担保」「経験の蓄積」「事業評価」という3つを
しっかりやっていく1年にしていかなくてはなりません。

社労士という立場から27年度も取り組んでいきたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2014年12月30日

がん患者さんの就労支援をしている社労士同士のつながり

12月12日に、既にがん患者さんの就労支援に携わっている、
これから携わりたいという社労士の方々に、
社労士として何ができるのかというテーマでお話する機会をいただきました。

茨城県古河の社労士川田陽一先生、銀座の社労士堀昇一先生が
とりまとめをしてくださり、実現することができました。
ご準備いただいた川田先生、堀先生、
ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

10360250_622113741244384_7008906753537775128_n.jpg

10520917_622114127911012_919870097633121700_n.jpg

現在、茨城や神奈川、石川、奈良などでは
県の社会保険労務士会が動き始めたことで、がん診療拠点病院での
社会保険労務士による就労支援相談会が始まった、あるいは始まろうとしています。
また、東京都や埼玉県、栃木県などは個別に動いている状況です。

今回、支援に関わっている社労士の皆さんが抱えている現状の問題が
少し明らかになりました。今後は、皆さんで意見交換、事例検討しながら
それを解決できるような場所や人のつながりを作っていくことが必要です。
来年はそのことにも取り組んでいきたいと思っています!

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

10年以上振りの福岡の旅!

11月は有り難いことにいろいろな場所で、
がん患者さんの就労支援についてお話する機会をいただきました。

11月22日は、九州大学病院で開催された
「平成26年度福岡県メディカルスタッフがん医療研修会」へ行ってきました。

とても立派な会場です。
2014-11-22 10.18.01.jpg

kyudai1.png

kyudai2.png

私は3番手です。「緩和ケア」という分野を担当しました。
医療者の方々にとって、がん患者の就労支援は緩和ケアの分野として
お伝えするのが一番しっくりくるということを改めて感じました。

また、第1部の渡邊先生の抗がん剤に関するお話、
第2部の中先生のがん看護外来のお話ともに、就労支援にも直結する
勉強になる内容でした。
がん医療を支える力強い専門職の方々と社労士がどのように連携して
いくかは今後大きな課題だと思っています。
まずは、社労士を知っていただくこと、それがこういう機会をいただいて
いる私の役目なのかなと思ったりしています。

-------------------------------
ここからはおまけです。
11月21日夕方羽田を発ちました。その夜、福岡市内のホテルがどこも
満室で(SMAPのコンサートがあったことを後で知りました。)、
久留米まで足を延ばすことにしました。

久留米と言えば、藤井フミヤさんの故郷。
13年前に一度だけ友達と一緒に訪れた場所でした。

福岡空港から西鉄久留米駅行きの高速バスに乗り込みました。
その途中、「百年公園」の横を通り過ぎました。
すでに時間は夜の10時。残念ながら真っ暗で何も見えませんでしたが…

西鉄久留米駅に到着!
2014-11-21 22.10.19.jpg

2014-11-21 22.07.07.jpg

翌朝、西鉄久留米駅で。
2014-11-22 08.50.36.jpg

ゆっくりする時間はありませんでしたが、大満足の福岡の旅でした。

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

首都大学東京の学生さんに「がんと就労」についてお話しました

少し前になりますが、首都大学東京・健康福祉学部看護学科の学生さんに
「がんと一緒に働こう!」というテーマでお話する機会をいただきました。

ホスピス緩和ケア論という授業の一コマです。
このお話をいただいてから、
来年4月から看護師になる皆さんへ何を伝えようかとても悩みました。

看護師という専門職としてぜひ知っておいて欲しいがん患者さんやその家族への就労支援。
ただ、これから社会人になる学生の皆さんに「働くこととは?」と
いうこともぜひ考えて欲しい、そんな思いも込めてお話しました。

shutodaigaku.png

hataraku.png

mondai.png

comu.png

seido.png

kitai.png

講義の後、学生さんが書いてくださったアンケートを先生から見せていただきました。
「実習に行って、患者さんとどのように話してよいかわからなかったけど、
今日の話を聴いて支援の仕方がイメージできた」
「今まで聞いたことのない話で興味深かった」
「社労士という専門家がいて心強い」
「自分たちもこれから働く上で必要な知識(労働法・社会保険制度)だと思った」
など、前向きな感想をいただくことができました。

今回学生さんが対象ということで、どのように伝えるかを
とても工夫したことで、私自身の勉強にもなりました。
初めて学生さんに講義するという経験を経て、
大学の先生方の大変さを思い知りました…。

今後、医療系の学生さんへ緩和ケアの分野で
「がん患者さんの就労問題と支援」というテーマの講義は必要
なのではないでしょうか。

今回、このような貴重な機会をくださった
首都大学東京の先生方に感謝したいと思います。
本当にどうもありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


posted by kondo-sr at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2014年11月16日

日本肺癌学会で「がんと就労」についてお話しました

こんにちは。社労士の近藤です。

昨日11月15日、秋の京都で開催されている第55回日本肺癌学会学術集会で
登壇する機会をいただきました。

2014-11-16 09.03.37.jpg

2014-11-16 09.05.57.jpg

haigan.png

学会という場でお話するのは、6月の日本緩和医療学会と今回が2回目。
このような場で、社会保険労務士として登壇する機会をいただけることは、
本当にありがたいことだと思っています。

学会参加という貴重な経験を、がん患者の就労支援に携わっている
社労士の皆様、そしてがん患者やそのご家族へ還元していけるよう
これからも頑張っていこうと決意を新たにしました。

会場である京都国際会館の裏にある風景。紅葉が綺麗でした。
2014-11-15 08.00.40.jpg

お昼にいただいたお弁当をパチリ
2014-11-15 11.27.35.jpg

帰りに京都駅で買ったビアードパパ京都店限定「みたらしシュークリーム」。
絶品でした!
2014-11-15 15.44.23.jpg

観光はできませんでしたが、
秋の京都の雰囲気(修学旅行の高校生や観光客の人混み、笑)を
味わって帰ってきました。


ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援

2014年11月02日

本日の日経新聞より「がんとの共生、職場でめざす」

こんにちは。社労士の近藤です。

本日の日本経済新聞の1面より、がん患者の就労に関する記事を
ご紹介です。

--------------------------------
がんとの共生、職場でめざす 上がる5年生存率

足利銀行(宇都宮市)本店で働く増渕和人さん(46)は9年前、
勤務中に意識を失い倒れた。
悪性の脳腫瘍。当時支店長代理だった。
延べ1年間休職し、抗がん剤治療を受けた。
記憶力低下など後遺症が残り、がんに「人生を狂わされた」が、
今も治療しながら働き続けている。

日経新聞電子版で全文読めます(登録が必要です)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H0W_R31C14A0MM8000/
--------------------------------
この記事の中で、桜井なおみさんが
「がんは『医療』の問題として語られてきたが、
今後はがんと付き合いながらいかに生活していくかという
『社会』の問題としてとらえるべきだ」と指摘しています。

私は、がん患者の就労問題に、社会保険労務士になったばかりの
頃に出会いました。

その時に思ったのは、この問題は、社会保険労務士が取り扱う
労務管理や社会保険といった「社会」に関係しているのではないか、
そうであれば、社会保険労務士として何かできるはず…ということでした。

私はたまたま「がんと就労」という問題に携わっていますが、
これは「育児と就労」であったり、「介護と就労」であったり、
「他の疾病と就労」であったり、すべての働きづらさへの支援にも
共通していることです。

また、中小企業においてどのように進めていくのかが課題だと思っています。

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援