2012年11月04日

同業者と飲むということ

社労士近藤ですわーい(嬉しい顔)

私は、どんなに忙しくとも必ず時間を作って参加している同業者との飲み会があります。

同業者というのは、「社会保険労務士」です。

私にとって、同業の方々、特に一緒に時間を過ごせることがとてつもなく嬉しくて、楽しくてたまらないと思える方々と「あーでもない、こーでもない」と話すことは、何ものにも代えがたいものです。


どうしてなのか・・・

寂しいわけではありません。少しはあるかもしれませんが(笑)。

私は、とても有難いことに毎日たくさんの人に囲まれて仕事をしています。
その中で私は常に「先生」と呼ばれる存在です。

しかし、そのような状況の中で、ともすると失ってはいけない気持ちや感覚のようなものを忘れてしまうのでないかと思っています。
恐怖とまではいかないですが、「それはいけないこと」とだと自分に言い聞かせています。
ですから、自分を確認する儀式のようなものが必要なのです。


この儀式(笑)に付き合ってくれる仲間は、どう思っているかはわかりませんが、私はゆるーくずっと続けていきたいでするんるん


お通しのきゅうりが刺さっている器。素敵だったので写真を掲載します。
2012-11-02 18.16.51.JPG

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
posted by kondo-sr at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々想ったこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59795112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック