2012年08月26日

今日は年に1回の社労士試験の日

こんにちは。社労士近藤ですわーい(嬉しい顔)


今日、8月26日(日)は第44回社会保険労務士試験が行われました。


受験された皆さん、本当にお疲れ様でしたexclamation


本気で勉強し、絶対合格をする!という強い気持ちで試験に臨んだ皆さんは、試験が終わった今、自分のことを褒めてあげてくださいね、ぜひぴかぴか(新しい)

結果を出すためにやれることをやり切った、そう思えることがまず大切だと思います。


今朝、試験会場に着いたとき、どんなことを考えたのでしょうか。

5年前、私は2回目の試験にチャレンジしました。
その時、「これで最後にしよう」「絶対絶対受かりたい」とこれ以上ないくらい強く思っていました。

どうしても社労士になりたかったのです。

すべての試験が終り、やり切った感はあっても手応えはなく、成蹊大学からのひとり帰り道、「これがダメでも受かるまでやり続けよう」と決めました。


今、私と同じようにどうしても社労士になりたくて、そう思っている方もいらっしゃると思います。


・強い気持ちを持って、諦めないこと
・合格という結果を出すための努力をすること


場違いかもしれませんが、秋元康氏の言葉はそのとおりだと思うので、以下に転載します。


努力が報われていないと思っている人へ。

それでも努力するしかないのです。
努力しながらチャンスを待つしかないのです。

その努力は報われるのか?
…………………必ず、報われます。
問題は、いつどこで報われるのかわからないことです。




このあと、どう続くかというと

****
では努力がなかなか報われない場合、どうすればいいか?
…………………人のせいにしなさい。

もちろん、これ以上努力のしようがないくらい努力した場合ですよ。
「この人には見る目がない」と思いなさい。
****

ときます。努力し続けるためにはガス抜きも必要ですね。



ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
posted by kondo-sr at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々想ったこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57797476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック