2009年08月04日

裁判員裁判2日目

社労士近藤ですわーい(嬉しい顔)

今朝は、法律事務所の案件で裁判所へ直行しました。

昨日から東京地方裁判所では、裁判員裁判が始まっています。

案の定というか、地下鉄の出口から裁判所の入口までは、報道陣や傍聴人の列(57席の傍聴券を求め1460人が列を作ったとのことあせあせ(飛び散る汗))でごった返していました。

こんなに混雑しているのは初めてで驚いたのと同時に、裁判員制度の重要性や話題性を感じずにはいられませんね。

今日は、裁判員から初質問があったということがニュースになっていました。

刑事裁判の傍聴をしたことはありますが、おそらく裁判員裁判は全く違った雰囲気なのだろうと思います。
その空間の中で、偶然にも裁判員に選ばれた市民が発言をするということがどれだけ大変なものであるのかは、想像に難くないです。

もし自分が選ばれ、公判中に疑問に思ったことを実際質問できるだろうか…難しいかもしれません。

裁判所が身近な場所という変わり種の社労士なので、今後も裁判員制度&裁判員裁判に注目していきたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いしますm(_ _)mひらめき
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
posted by kondo-sr at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律事務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31066320
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック