2009年02月08日

もうひとつのCSRに参加します

社労士近藤ですわーい(嬉しい顔)

CSRと言えば、一般的には、Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任のことです。

もうひとつのCSRというのは、Cancer Survivors Recrutingの略で、「がん患者の就労」のことです(ちなみに造語とのことです、念のため)。

これは、1月27日のブログ「希望の言葉を贈りあおう」で紹介したHOPE☆プロジェクトの桜井なおみさんが中心となって進めているプロジェクトです。

私が参加しているMLでこのプロジェクトを知り、私にも何かお手伝いできないかと桜井さんにご連絡させていただいたところ、「就労セカンドオピニオン」という就労相談への参加といううれしいお話をいただきました。

そして、今日はCSRProject主催 NPO法人キャンサーネットジャパン運営
がん患者と就労を考えるセミナー
もっと知ってほしい「がん患者が直面する就労の問題」

に参加してきました。

以下、今回のセミナーのフライヤーより

東京大学医療政策人材養成講座4期生桜井班は、2008年3月がん体験者を対象に「がん体験者の就労と雇用」に関する調査を行いました。
 その結果、多くのがん体験者が就労の継続を希望していたものの3人に1人は依願退職など転職していたとおの実態が明らかになり、がん体験者の厳しい就労環境が浮き彫りとなりました。
現在、日本においては男性の2人に1人、女性の3人に1人は「がん」と無関係でいられない状況です。そのような事から、がん体験者、家族だけでなく、医療関係者、企業関係者等様々な方々の参加をお待ちしております。

(ここまで)
-------------

このセミナーにおいて提言として掲げていたことは、
1患者自身の意識改革
2企業の意識改革
3社会の意識改革、行政の後押し
という3点です。

「治療をしながら働く」ためには、企業や上司、同僚の理解が欠かせません。仕事を通じて社会との繋がりを持ちながら、経済的にも自立したい、そして、自分らしく生きていきたいという願いは、ごくごく当たり前のものだと思うのです。

がん体験者である自分だからこそできることがあると思っていますぴかぴか(新しい)


ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いしますm(_ _)mひらめき
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26462842
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック