2009年01月25日

坂東眞理子さんの講演を聴いて

社労士近藤ですわーい(嬉しい顔)

先週金曜日のことになってしまいますが、NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンター主催
【仕事と子育て】カウンセリング・シンポジウム
きっと、もっと輝く私 - 私の「ワーク・ライフ」の組み立て方

に行ってきました。

基調講演は、「女性の品格」の著者で昭和女子大学学長の坂東眞理子さんとP&G株式会社代表取締役社長桐山一憲氏。
P&Gは日経WOMAN(2008年5月号)による『女性が働きやすい会社ベスト100』において第1位とのことです。

P&Gは社員の半数以上が女性で、女性管理職の割合が25%。ダイバーシティーを重要な企業戦略を捉え、一人一人がオーナーシップを持つことを大切にしているというお話がとても印象的でした。

また、坂東眞理子さんは、「思い込みを捨てましょう」ということを終始強調されていました。それは、結婚や出産を機に退職する女性がまだまだ多く、それは「以前と同様に仕事ができなくなることに対し、迷惑をかけて心苦しい」という気持ちがあるからで、「申し訳ない」ではなく「助けてくれてありがとう」が蔓延する組織を目指したいですねとおっしゃっていました。

女性が仕事をし、生き生きと毎日を過ごすために、「自分はこうありたい」という思いで、自分自身のワーク・ライフ・バランスを組み立てることが大切ですね。

このシンポジウムのキーワードだった『仕事に喜びを人生に楽しみを』という言葉が、私はとても好きです。


ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いしますm(_ _)mひらめき
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25911391
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック