2008年09月10日

法律事務員として

社労士登録をしたからといって、仕事が舞い降りてくるなんてことは当然のごとくなく、普段は「法律事務員」の仕事をしています。

「法律事務員」とは、一般的には法律事務所などで書類を作成したり、調査をしたり、時には依頼者の応対をしたりと弁護士のアシスタントとして業務を行う人のことを言います。

私の勤めている事務所は、弁護士1名、事務員2名の小規模な(少数精鋭!)事務所で、しかも女性は私だけなので、担当事件の書類作成・調査・債務整理の業者交渉からシステム管理・文房具の発注・お茶出しまで何でもやってます。。。
この仕事に就いて2年経った今でもわからないことも多く、日々勉強です。

文学部出身で、法律とは無縁だった私がこの2年の間に、社労士の資格を取得し、ビジネス実務法務2級に合格できたのも、常にプレッシャーを与えてくれる先生の存在が大きかったと思います。
(先生をご存知の方は、「うんうん」と頷いていらっしゃることでしょう!!)

法律事務員として仕事をしていく中で、とても多くの法律を勉強する機会が与えられます。
企業や人を取り巻く法律は社労士が専門とする労働・社会保険法令だけでないので、法律事務員の経験や知識を社労士業務に生かすことで、私にしか出来ない仕事をしていきたいなと思っています。

posted by kondo-sr at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律事務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19153037
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック