2015年03月23日

治療と仕事の両立支援から始める職場づくり

がん患者さんの就労相談をお受けしている中で、
企業の制度や配慮、周囲の理解、企業風土はとても大切だと思っています。

今年度東京都では、企業向けのハンドブック、
研修用教材を作成し、先週公開されました。

こちらの作成にあたって検討会のメンバーとして
参加させていただきました。
作成過程で強く感じ、東京都にもお伝えしてきたのは、
小規模な企業での治療と仕事の両立における「社労士の役割」です。

大企業には人事担当者や産業保健スタッフとい方々がいるけれど、
そのような方々のいない小規模な企業には、
社労士が顧問として入っているケースがあります。

先日の東京都社会保険労務士会での研修でも、
このハンドブックを参加者の皆さまに配布しました。

医療者との協働による支援とともに、
企業内での支援に携われるのが社労士です。

ぜひ、社労士の方々にもこのハンドブックや
研修用教材を利用していただき、支援方法を知っていただいたり、
経営者や当事者にお伝えいただけたらと思っています。

また、がんに限らずいろいろな疾病の治療と仕事の両立、
介護や高齢者雇用における職場づくりにも
ヒントになる内容になっていると思います。

がんから始める就労支援
がん患者の就労支援から始める職場づくり」です。

ハンドブック
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/soudan/ryouritsu/handbook.html

研修用教材は、映像教材・スライド・自己研修用教材があります。
映像教材でイメージを掴んでいただけると思いますので、ぜひご覧ください。

研修用教材
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/soudan/ryouritsu/kyouzai.html

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115583398
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック