2014年08月24日

キャンサーサバイバーのための就活セミナー終了しました。

こんにちは、社労士の近藤ですわーい(嬉しい顔)

昨日8月23日、CSRプロジェクト主催
キャンサーサバイバーのための就活セミナー〜自分力を活かそう〜
が開催されました。

CSRプロジェクトでは、
がん患者さんの就労個別相談とサバイバーシップラウンジ
(働く世代のサポートグループ)を
定期的に行っています。
その中で、再就職の相談がとても多く、応募先や再就職先へ病気のことを
「どのように伝えるのか」ということに悩んでいるという方が後を絶ちません。

この問題、すっきりとした正解があればいいのですが、
誰にでもOKな「絶対的な正解」はないのです…。
そこで、基本的な考え方、自己の棚卸しのワーク、書類の書き方、
面接のロープレを盛り込んだセミナーを開催することになりました。

会場は、東京駅近くの株式会社パソナ本社のとても素敵な一室を
無料で提供いただきました。
月1回開催している前述のサバイバーシップラウンジにも会場を
用意してくださっています。
私たちの支援活動の見えないところで、パソナさんのような企業の力があり、
心から有り難いことです。

また、スタッフ&パネラーとして、ラウンジに参加してくださっているFさん、
今は理事としてもお手伝いいただいているHさんが、
参加者の皆さんのために自分の体験をお話してくださいました。

セミナー開始前のスタッフミーティング。
みんなあちこち向いていますが、心はひとつです。
shukatu7.jpg

セミナーには、これからの働き方を考えたい、
今就活を頑張っているという10名の方が参加してくださいました。

資料はこちら。メンバーで作成した渾身の作です(笑)。
DSC_0034.JPG

セミナータイトルexclamation
shukatu1.png

近藤のパート
shukatu2.png


shukatu3.png

ライフラインチャートを作成するワークを行いました。
ちなみに↓は私が数年前に作ったチャートです。
充実度曲線(波線のこと)が下がって、上がって、現在は上昇中です。
shukatu4.png

shukatu5.png

ムチャぶりで当日決まった模擬面接の様子…事前練習なしでぶっつけ本番です。
面接官は、本物の人事&経営者という徹底ぶり。
いつもは面接についてアドバイスする立場ですが、
実際やってみてとても楽しかったです。
shukatu6.jpg

面接後の面接官をやってくださったKさんと私の会話。
これに面接攻略のヒントがあると思いました。
近藤「面接は緊張しましたが実はすごく楽しかったです。」
Kさん「今気付きましたが、面接って楽しい!って思えちゃったらまず勝ちですね。
さあ私を選んだらお得だよ!ってオーラが出てたらもうイチコロです。」

サバイバーの就活は、病気を経験した自分の棚卸しから始まると思います。
その上で、就活をどうやっていくのか。
答えは必ずしもひとつではないのだなと改めて感じました。

最初は不安そうだった参加者の皆さんの表情が、セミナー終了時には、
キラキラ素敵な表情になっていました。
セミナーをやって本当によかったです。

自分らしく働くこととは、自分のことを理解し、自分ごととして道を選び、
必要な範囲で周囲に伝える、協力してもらうことだと思います。
文字にして伝えるのは難しいので、ぜひ直接感じていただけると嬉しいです。
早速CSRプロジェクトのメンバーで話していますが、
また就活セミナーやりたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。ぜひ、応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

posted by kondo-sr at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | がん患者就労支援